VIEWN
*English follows

-- プロフィール

『ドローンを愉しみましょう とても正しく すごく安全に』

をスローガンに、アウトドアレジャーとしてのドローンカルチャーを提案するVIEWNは、ドローンの空撮を使用した使用した映像の制作も行っています。

VIEWNを運営する有限会社ビルディングは、グラフィックアーティストのコーディネイト・エージェンシーとしては業界トップクラスのBUILDINGと、映像に関わるクリエイターのプラットフォームのCOO--COHを運営しており、ながきに渡って培ってきたアーティストとのネットワークを活かした個性豊かな作品を提供してまいります。


-- 適切な規模とコストで
TVや映画で使用されるような大型のカメラを搭載する場合には汎用品で最大級のドローンと、ドローンとカメラの操縦を個別に行う2オペレーション(2人)体制が必要ですが、こうしたフォーメーションを組むとなると多額のコストが必要となります。一方で1インチの画像センサーと自律飛行のための各種センサーを擁するPhantom4Proの登場によって「WEB動画ならPhantom4Proによる1オペレーション体制でじゅうぶんではないか」という声が聞かれるようになりました。我々もそう思います。
今後は「単純に飛ばして撮る」だけのコストはある程度の水準まで低下していくでしょう。
(ただし、ドローンを安全に飛ばすための補助員やメンテナンスコストは今後も削減すべきではありません)
クリエイティブのマーケットで先行する(そして成熟した)写真/グラフィックデザイン/イラストレーションでは「そのクリエイターがどんな機材で制作しているか」ではなく「そのクリエイターのアウトプットの価値」で報酬が決まりますが、ドローンによる空撮でも同様のマーケットが形成されるのは明らかです。
ただしドローンパイロットのアウトプットのクオリティには、ヴィジュアルのセンスだけではなく「墜落させない」ための知識とスキルも加味されなければなりません。


-- 空撮にもクリエイティビティを
有人航空機に比べると安価で操作も容易なドローンに、高性能化した小型カメラを搭載できることによって、4Kまでの空撮映像が劇的に身近になりました。
しかしドローンの黎明期には「飛ばせること」に価値がありましたが、ドローンの制御技術が急速に進化することで操縦のコモディティ化が進めば、空撮そのものは特別なものではなくなるでしょう。これは空撮に限った話ではなく、測量や建設、メンテナンスなど各分野においても、ドローンは単なるデータ取得ツールに過ぎず、「そこから得られたデータをどう専門的に加工し、アウトプットできるか?」ということに価値が移ることは間違いありません。
空撮においても、今までは単純に高所から撮影した映像でもまだまだ「鳥の視点」を楽しむことができたかもしれませんが、これからは、いや既にヴィジュアル的なクオリティの高さが求められるフェーズに突入しているのではないでしょうか。


ファッションや商業施設といった、写真/グラフィックデザイン/イラストレーションなどのヴィジュアルに対して非常に高いクオリティが要求される感度の高いクライアントと、20年以上の長きにわたり携わって来た経験とそこで培われた幅広いクリエイターのネットワークをベースにして、 ドローンによるユニークな映像を提供することを目指します。

空撮のご相談はContactページからメッセージをお送りください。

ドローンは「空を飛べるカメラ」である以前に、航空法で定められた「航空機」であり、機体と飛行のルールは国土交通省の管轄下にあります。空撮を行う際には、安全を最優先にした条件下で運用できる場合にのみ飛行します。

JUIDA 操縦技能証明証、JUIDA 安全運航管理者証明証を取得済み。
国土交通省より「無人航空機の飛行に係る許可・承認」を日本全国包括で取得済み
Phantom4 ProおよびInspire1 pro:人口集中地区(DID)上空での飛行,夜間における飛行,目視外での飛行,人又は物件との間に30m以上の距離を保てない飛行,催しの上空の飛行許可) 


-- In order to fly drones in Japan
In recent years, as each country around the world has established their own rules regarding drone flight, it has become difficult to fly drones in a carefree manner anymore, and Japan is no exception.
In Japan, aviation laws were revised in December 2015, with rules established regarding the flying of drones.
For more information, please refer to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism(MLIT)'s website.
https://www.mlit.go.jp/en/koku/uas.html

The following airspace and situations are restricted for drone flight.


Prohibited Airspace for Flight
Any person who intends to operate a UA/Drone in the following airspaces is required to obtain permission from the Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism.
(A) Airspace above 150m above ground level.
(B) Airspace around airports. (airspaces above approach surface, horizontal surface, transitional surface, extended approach surface, conical surface and outer horizontal surface.)
(C) Above Densely Inhabited Districts (DID), which are defined and published by the Ministry of Internal Affairs and Communications.

Operational Limitations
 Any person who intends to operate a UA/Drone is required to follow the operational conditions listed below, unless approved by the Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism.
 
(i) Operation of UAs/Drone in the daytime.
(ii) Operation of UAs/Drone within Visual Line of Sight (VLOS).
(iii) Maintenance of 30m operating distance between UAs/Drone and persons or properties on the ground/ water surface.
(iv) Do not operate UAs/Drone over event sites where many people gather.
(v) Do not transport hazardous materials such as explosives by UA/Drone.
(vi) Do not drop any objects from UAs/Drone.
Densely Inhabited Districts (DID) can be verified through DJI's website as well.
http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly
The DID zones are indicated by the red areas on the map, and so almost all city areas prohibit drone flight.

If you wish to fly a drone in a restricted airspace / rules, you will need to apply for a permit with the MLIT.
In order to fulfill that process, you will need to fill out over 10 pages of complicated and difficult to understand forms, and repeatedly deal with officials at government offices. Even if you put together a perfect set of paperwork, the process still requires that you wait over a month for your flight permit to be approved.
And of course, even in areas that do not have flight restrictions, you need to be aware that you will be required to get the approval and permission of land management in those areas.

We are able to fly drones anywhere, even in the following areas throughout Japan which have flight restricted airspace / rules (without the need to apply for a permit each time from the MLIT) because I have already acquired a blanket permit from the ministry which grants me permission.
Drone : Phantom4 Pro and Inspire1 pro
(C) Above Densely Inhabited Districts (DID), which are defined and published by the Ministry of Internal Affairs and Communications.
(i) Operation of UAs/Drone in the daytime.
(ii) Operation of UAs/Drone within Visual Line of Sight (VLOS).
(iii) Maintenance of 30m operating distance between UAs/Drone and persons or properties on the ground/ water surface.
(iv) Do not operate UAs/Drone over event sites where many people gather.
If you have any need for a drone operator to fly in your place, please contact me via the Contact page.
Back to Top